はじめに

2017年06月23日

今話題になっている「特定秘密保護法」。
まぁ、なんとなく耳にしたことはあるけれど、実際どんなものなのか本当に理解している人って少ないですよね。

かくいう、自分も名前こそ知っていますが、その中身については詳しくは知らず、単に「外交や日本の防衛のために必要なんだろうな・・・。」程度の理解しかありません。

まぁ、詳しい人に話を聞いてみると、私の理解もあながち間違いではないようですが、実際のところ「特定秘密」の対象になる情報というのは「防衛」「外交」「特定有害活動の防止」「テロリズムの防止」に関する情報なのだそうです。

「だったら、一般の人にはあまり関係ないよね」なんて思っていたら、なんとそれは間違いなのだそうで、実際のところ先に示した「防衛」「外交」「特定有害活動の防止」「テロリズムの防止」の範囲はとても広く曖昧なのだそうで、どのような情報であってもそのうちのどれかに当てはめられる可能性があるのだそうです!!!

また世間一般では「平成の治安維持法」だとか「中国や朝鮮のマネ」をしているなどという意見もあり、この法律に反対している人も多数いるのだとか。

そんなわけで「なにも知らない」では済まされない問題ではないかと思われ、自分のなりの「特定秘密保護法」の知識を高めていきたいと思っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
so1maeda at 12:25│Comments(0)はじめに 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字