共謀罪廃止を願う団体闇に葬られる秘密

特定秘密保護法の施行から3年

2017年12月11日

特定秘密保護法の成立から4年となった6日、東京・永田町の衆院第二議員会館前で「特定秘密保護法」や「共謀罪」の趣旨を含む改正組織犯罪処罰法の廃止などを訴える集会が開かれたのだそうで、市民ら約百人が「国の情報独占絶対反対」「市民監視の法律は要らない」などとシュプレヒコールを上げたのだそうです。

また、10日は特定秘密保護法の施行から3年を迎え、これまでに特定秘密保護法に基づいて指定した特定秘密は、今年6月末時点で11行政機関の計512件なのだとか。

昨年末時点の487件から25件も増えたのだそうで、関係はありませんが、NHKの受信料の判決のことや、年収850万円超の人は増税するなどと、ここのところ国民は置き去りにされている感がありますね。
なぜか政府は、日本人のおとなしい国民性をいいことにやりたいようにやっている感がありますね。

もっと愛せる国になるよう、しっかりと修正して欲しいものです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
so1maeda at 16:51│Comments(0)ニュース 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
共謀罪廃止を願う団体闇に葬られる秘密