闇に葬られる秘密約12万4000人って・・・

スパイ防止法

2018年02月02日

1985年に議員提案された「国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案」、そしてこれに修正を加えた「防衛秘密を外国に通報する行為等の防止に関する法律案」のことを通称「スパイ防止法案」といって、大規模な批判と論争の末、昭和60年12月20日、この法案は審議未了廃案となりました。

じつのところ、国家の安全保障を脅かすスパイにはどの国も厳罰で臨んでおり、国を守ろうと動いているのですが、わが国には先の通り、スパイ罪すら設けられていません。

そして、スパイ行為そのもので逮捕できないのは、世界で日本一国だけなのだそうです。

中国では日本人がたびたびスパイ容疑で逮捕されることがあるのですが、これが日本国内で起こった場合には、逮捕すらされるわけではなく、単純に国外退去なるわけです。

本来、スパイ行為なんてことを行う方がどうかしていると思うのですが、それに対抗する手段がないようでは、国としてはちょっと不安ではありますよね。

理想論的には、世界各国が平和で「スパイ防止法」などといった相手を疑うような法律は不要であって欲しく、そのような法案のない日本を誇るべきところなのですが、極端な話「大勢の悪人の中に1人の善人」がいたところで世界は平和となりませんし、単に善人は利用されるだけです。

そうならないためにも、国を守るべき最低限の法案は可決して欲しいものです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
so1maeda at 10:51│Comments(0)法律のポイント 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
闇に葬られる秘密約12万4000人って・・・