ストーカー

2017年07月21日

共謀罪に戸惑う捜査員

どうやら「共謀罪」は一部の人間しか理解していないかもしれませんね。

北海道での警察の捜査現場には「どんな犯罪に適用できるか、分からない」などといった戸惑いが広がっているのだそうで、「具体的にどう適用していくのか、イメージが湧かない」のだとか。

そもそも、犯罪の実行行為がなく、具体的な被害もない段階で摘発するのですから、これほど難しいことはありませんし、そんなことができるなら今最も問題となっている「ストーカー犯罪」を先に食い止められるだろ!!なんて思いますよね。

共謀罪は「刑法などで定められた277の罪のどれかを2人以上で計画し、誰か1人でも「実行準備行為」を行えば、計画に合意した全員が処罰対象となる」ということなのですが、これ「ストーカー」に当てはめたら、今後どれほどの「ストーカー犯罪」がなくなるでしょうね。

テロ行為を未然に防ぐことも大切ですが、もっと身近に危険な環境にいる人だっているんですけどね・・・。



このエントリーをはてなブックマークに追加
so1maeda at 13:24|PermalinkComments(0)